結婚式の二次会


結婚式の二次会の幹事を任されていたんですけど、
昨日無事に務め上げることができました~。
初めての経験でどうなるか不安な気持ちがあったものの、
まあ何とかなるでしょって言う気持ちもの方が正直強かったです。
でもいざ当日になると開場前の準備段階から大慌て状態。
運営スタッフ&早めに来ていた方にもお手伝いしてもらい
なんとかぎりぎり間にあったって感じでした。

二次会が始まれば大きなミスも無く、
順調に事が運べ予想よりも上手く収まったなって感じでした。
事前の想像では、もっとグダグダになるかと
思っていたんですけどね(^^♪

最後の新郎新婦へのサプライズの感動で
思いっきり泣かすとまではいかなかったけど、
彼ら二人にとって思い出に残るものになったと信じています。

新郎には、忙しいなか二次会のプランニングに参加してもらい
本当に助かりました。
僕自身、みんなに「お疲れ様~」って言われる度に
申し訳なく思っちゃうくらい楽させてもらいました。
新婦には、あのスーパーハイテンションな開場の盛り上がりに
驚かせてしまったかも知れないけど、
みんな不器用でああいう祝福の仕方しかしらないってことで
勘弁してやってください♪

どうか二人末永くお幸せに!!!
ドイツに遊びに行きますんで、そのときはホンマによろしくね♪


----
ここからはこれから初めて二次会の幹事をする方へということで

僕が一番悩まされたのが、当日のドタキャンです。
僕らの場合結局参加者の5%の人が欠席しました。
予算を組むときは、全員参加したら
結構黒字になるくらいにして、余ったら三次会で還元するか、
新郎新婦にお祝い金として差し上げるか
または欠席者を想定せず赤字になった場合
三次会で帳尻あわす予定でいた方がいいと思います。
不公平感から言えば前者の方が良い選択かな?

連絡なしで欠席する人もいるくらいですし、
たぶんそういう人は、欠席しても、
開場費を支払わなければいけないことなんて
考えていないかもしれません。
三次会で帳尻を合わせたものの、
結局予想以上の欠席者で2次会は大幅な赤字でした。
欠席者の分を三次会の参加者で埋め合わすのは
納得がいかないんですけど、
今回に限っては、三次会に参加した人は
十分元が取れてるくらい楽しんでもらえたと思いますw

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

シスヤ

Author:シスヤ

高校中退→大検→京大卒のシステムトレーダー

高校を3ヶ月で中退後、大検を取り京大に進学。
学費と生活費はパチスロで捻出

2007年にシストレ開始。

2015年より家族でオーストラリアにお試し移住中。

振り返れば小さい頃から多数者が歩む人生を拒絶し続けているけど、そのおかげで今は自分の生き方を自分で決めて生きることができています。

気付かぬうちに「常識」「普通」「平均」に縛られてしまってる自分の思考を開放してあげるのがより良い人生の生き方かなと思っています。

twitter

 

最近の記事

月別アーカイブ


アクセスランキング