私のメイン証券会社はSMBC日興証券、シストレソフトはイザナミです
① いつでも誰でも信用取引手数料が無料 SMBC日興証券
SMBC日興証券 は信用取引手数料が完全無料。 売買コストを下げることは損益の向上に直結します。  こんな証券会社は他にそうそうありません! 詳細はこちら
② 資金管理まで出来るイザナミを使ってシストレしてます
今の自分があるのは資金管理までできるイザナミのおかげです。無料で試せます。

トレーダーとパチプロ

2016.10.08.Sat.20:45

オーストラリアに家族で教育移住中のイザナミシステムトレーダーシスヤです。

 

パチプロとトレーダーに求められる共通点や違いについて考える機会があってそれをtwitterでつぶやこうかと思ったら、つぶやける長さじゃなくなったのでブログにします笑

 

 

自分もパチスロでかなり勝たせてもらったパチプロ上がりですし、周りを見ててもパチプロ→トレーダーって流れの人多いと思うし適性も通じるものがあると思う。

 

 

ただ、個人的にはパチンコで稼ぐ方が圧倒的にイージー。

 

 

感情を排除して期待値で動けるパチプロだからといって株で勝てるとは限らない。なぜなら、パチンコには資金管理もロットコントロールも必要ないから。

 

 

パチンコの(期待収支)は(設定やどれだけ回るか)×(時間)で、設定(回転数)と時間ともすでに決まってる定数なので、自分の裁量で変えることができない。なので期待収支も定数であり自分のコントロール外。

 

いくら念じても1秒で1000円分勝てることはできないし負けることもできない。ということで、営業時間内に使えるお金は決まってるから、自分がすべきこと、コントロールすべきことは、感情を排除して期待値に従い動くということだけになる。

 

 

一方株は、ざっくり言えば(期待収支)というのは、トレードごとで言えば(期待値)×(投入金額)。1日単位だとトレードごとの期待収支の合計額。(トレードごとに期待値も違うだろうから、ここでは「期待値」×「投入金額」×「トレード数」とは言わない)

 

 

期待値が仮に定数(板があるので相手方が消化できないくらいの注文を出せば期待値が下がる可能性があるという意味で厳密には定数じゃない。それにパチンコと違って期待値を正確に事前に知ることはできない)であっても、投入金額は変数。

 

 

投入金額は自分でコントロールできる。投入金額が自分でコントロールできるということは期待収支も自分でコントロールできる。ここがパチンコと異なるところ。

 

 

具体的に言うと、設定6のスロットを打ったら、トイレに行く時間がもったいないくらいめちゃくちゃぶん回したいし、閉店時間までいかに1回転でも多く回せられるかというのをパチプロなら考えるはず。

 

でも、1回転あたりの時間は決められてて急いで回しても待たされるし、1回転あたりの使うコインは最大3枚だし、最大払い出しも15枚。さらにコインの単価を上げたくても上げられない。全て自分でコントロールすることができない。自分ができることは期待値の見極めと、スロットなら目押しや早回しの技術。パチンコなら無駄打ちしないこと?(パチンコはよくわからない)。あっ、あとトイレや食事を我慢する忍耐力笑

 

 

一方、株なら「これめっちゃ期待値高いはず」っていう機会に出くわした時、いつもどおりのロットで入ることもできるし、信用二階建てみたいな全力ぶん回しをやろうと思ったらできちゃう。例えばスロットの1回転を1トレードだとするなら、スロットなら3枚しか突っ込めないし15枚しか最大払い出されないけど、株なら30枚300枚と突っ込めて、当たれば150枚、1500枚という払い出しを狙うこともできる。

 

 

ただ、設定6でも負けるときもあるし、めちゃくちゃ回るパチンコでも負ける日がある。

それでもパチンコは一日に負けられる上限額が決まってる(100万円負けたくても、玉を買った瞬間打たずに捨てるとかしないと負けられない)から普通のパチプロは一日で致命傷を負うなんてことはない。自分が資金管理しなくてもパチンコの仕組みと時間が勝手に資金管理してくれる。

 

 

一方株でも、設定6みたいな期待値でも負けることは余裕でありえる。その超絶高期待値のときに、「これは全力限界ぶん回しでしょ!」みたいなノリで極端に言えば信用二階建てで入って、パチンコと同じく運悪く負けた。なんてことが起こると一発退場もあり得る。

 

 

パチンコは期待値計算ができて、期待値に従い動けばいいんだけど、株はそれに加えて資金管理という期待値計算よりももっともっと重要でコントロールの難しい能力が問われるところが難易度を高くしてると思う。また、どちらの世界も「想定外の事態」というのがあると思うけど、一日の勝ち額と負け額のリミットがあるパチンコと違って、投資は「想定外の事態」に対する上下の幅も、例えば上方向は協調介入や黒田バズーカー、下方向はリーマンショックや9.11や3.11など上下の幅が半端がない。と考えれば、パチンコは期待値で動く世界。投資は期待値も当然重要だけど、期待値よりリスクで動く世界なのかもしれない。とにかく、他の人より適正はあるとしてもパチプロだからといっていイージーな世界ではないと思える。

 

 

でも、パチンコで養った打ちたい欲を抑えて期待値で動くという能力はとても重要だと思う。ただ、パチプロはそれで良かったと思うけど、トレードでは期待値のみで動くと悪い意味で期待値原理主義になり、好戦的な人は超絶高期待値なら大きな金額突っ込めばいいんじゃないの?ってなって致命傷を負う確率を上げるよって本当に思う。自分がそういうタイプだから分かる笑

 

 

まあ、感情のブレが少なく普段から淡々としてるパチプロの人たちは、トレードをやってみたら面白いだろうなと思う。自分のパイが無くなっちゃうからこっちに来ないでほしいけど笑

 

いつもランキングクリックありがとうございます。
もしよければ今日も下のランキングをポチっとよろしくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 株ブログへ

 

私のメイン証券会社はSMBC日興証券、シストレソフトはイザナミです
【いつでも誰でも信用取引手数料が無料】 SMBC日興証券
 SMBC日興証券 は信用取引手数料が完全無料。売買コストを下げることは損益の向上に直結します。
 こんな証券会社は他にそうそうありません! 詳細はこちら
【資金管理まで出来るイザナミを使ってシストレしてます】
 今の自分があるのは資金管理までできるイザナミのおかげです。無料で試せます。
私のメイン証券会社はSMBC日興証券、シストレソフトはイザナミです
① いつでも誰でも信用取引手数料が無料 SMBC日興証券
SMBC日興証券 は信用取引手数料が完全無料。 売買コストを下げることは損益の向上に直結します。  こんな証券会社は他にそうそうありません! 詳細はこちら
② 資金管理まで出来るイザナミを使ってシストレしてます
今の自分があるのは資金管理までできるイザナミのおかげです。無料で試せます。

自制心とか心理的な壁とか思考は実現化するとか部屋とYシャツと私とか

2016.07.24.Sun.21:32

イザナミシステムトレーダーシスヤです。

 

カカさんにコメントを頂いたのですが、長くなったので記事にさせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーー

初めまして!
いつも見させていただいています。
それにしても凄い収支ですね(笑)
株で安定して勝てる人はそこまでいく可能性があると頭では理解してますが、多分自分(含め大多数の人)はいかないだろうなと思ってます…。
質問なのですが、裁量での取引からシストレに切り替えたのは何年くらいトレードしてからですか??
それとも最初からシストレなのでしょうか・・・
私は裁量取引は性格的に自分に向いてないと思い、いろいろ法則的なもがないか探していたら1つだけ勝率9割、利率もまずまずの方法をみつけました。
しかし取引回数がとても少なくサインが出たものが5月16回、6月12回、7月現時点で8回しかありません。
問題点は寄り判断で寄り高もあるのでロットに限界があることですが、成功率が非常に高く期待値としては申し分ないと思います。
でも、どうしてもそれだけやればいいのに無駄なものに手を出してしまう傾向があります・・・。
長くシストレをされていてどうやって自分をコントロールできるようにしていったのかなどよければ参考までに教えて下さい。
今回の記事は裁量での取引の記事で、バタバタされてる様子が描写されていて、うんうんそうだよなーって共感しました(笑)
でも任天堂に大きなロットで入れるだけの強さや自信、経験の裏打ちがあるのでやっぱりさすがです。
私は18000円台寄りの異常気配でこれは確実に上だろうなと…思いつつ下に振られるのが嫌で見送ったチキンです(笑)

 

ー(以上カカさんのコメント)ーーー

 

 

カカさん、はじめまして!

シストレに切り替えたのは初めてトレードしてから10年近くたってからです。1998年からはじめてシストレを知って取り組み始めたのがたしか2006年か2007年だったと思います。

 

 

勝率9割で保有期間にもよりますが、利小損大(コツコツドカン)じゃなければすごいシステムですね。

少ないとはいえそれでそれだけサインが出たら、僕からしたらめっちゃいいやんと思ってしまいます。

約定率が100%ではないんですかね?どちらにしても他のシステムと併用したいところですね。

 

 

トレード回数が少ないと無駄に手を出してしまうのは分かります。

僕も含めほとんどの方がどうやったら自分をコントロールできるかで悩んで試行錯誤していると思います。

 

 

どんなことがあっても感情が無で機械のようにトレードをできる人なんていないんじゃないでしょうか。みんなも水面より下の他の人が見えないところで足を必死でバタバタさせてもがいてると思います。

 

 

ということで、参考になるか分かりませんし、他の人にとって正しいかどうかも分かりませんが、反省の意味を込めて自分に言い聞かせながら僕の場合どう考えているどうしてるかをお話しさえてもらうと、もちろん自分をコントロールしていかないといけないとは思っていますが、そうはいってもできない自分を大きく変えることは難しいと思っていますので、自分をコントロールできないというのを前提にして、コントロールできない自分がどうやったら余計なことをしないで済むかという方向で考えています。

 

 

余計なことをしないためには、自分の心が動いてしまう状態を避ける方法を考えるということです。

 

 

ベストは完全自動。日々のサイン抽出や発注をすべて自動にして、通常自分が全く関わらないでいいようにする。

でも、それはできていません。

 

 

じゃ、その次にベストな方法というのは、「サインの確認と発注以外の投資に関する行為をすべて排除する」かなと思っています。

日々必ずやらなきゃいけないことは、システムトレードのサインの確認と発注ですから、逆に考えたらそれ以外のことはしなくてもいいこと。だから必ずやらなきゃいけないこと以外はしない、見ない、聞かないのがベストだと思っています。

 

 

ザラ場も四季報や市況ニュースも知る必要が一切ないですし、ましてや他の人のブログなんてなおさら。

 

 

なのにザラ場を見たり四季報やニュースを見てしまうという行為は、(深層心理にある)刺激や買いたい欲を満たすためにルールを破りたがっている自分を正当化するための材料を探しているようなものです。そういう行為は感情を揺さぶり売買ルールに従うのを難しくさせるだけなので、むしろそれらはしない、見ない、聞かない方が良いと思っています。

もちろんシステムトレード執行以外の情報を手に入れることにメリットがないわけではないのですが、僕の場合はデメリットの方がはるかに大きいと思ってますので、とても難しいことですが、株からどれだけ距離を離せられるかが自分にとっては重要だと思っています。

 

 

また、僕は交流のある方のブログ以外はほとんど見てません。特に僕のブログのように収支を載せてるだけで具体的な手法を書いているわけでもないブログは一切見ません。

他人が勝ったか負けたかを知る必要もないと思っています。(自分だけ勝ってると優越感に浸ったり、みんなも負けてる安心感に満たされたい場合は別。目指すところは、みんなが勝ってても負けてても安定した成績を残す。→つまりみんながどうなのかは関係ない。)

 

 

なので、僕がカカさんならまず僕のブログから見るのをやめます(笑)

 

 

>株で安定して勝てる人はそこまでいく可能性があると頭では理解してますが、多分自分(含め大多数の人)はいかないだろうなと思ってます…。

 

 

最後にこれだけ。。。

「多分自分はいかないだろうと思ってます。」と思うのはやめた方が良いかなと思います。僕ならそうは思わないようにします。

 

 

僕は「自分が想像している以上の状態にはなれない」というのと「思考は実現化する」ということを信じています。

 

 

自分の限界を自分で決めてしまうと、そこに心理的な壁を作ってしまいます。

スポーツ競技でもなかなか破られなかった世界記録や女子マラソンのような2時間20分の壁が一度破られると、途端に次から次へと越えていく人が出てくるのを目のあたりにする時ありますよね。世界記録やなかなか超えられない節目の数字を意識しすぎて自分でめちゃくちゃ高い壁を作って、超えられないと潜在意識に摺りこんでるんですよね。

でも、だれか一人記録を破ると、「超えられない」と思っていたのが「あれ?自分もやればできるかも」に変わる。そして練習を積み重ねつつ「やればできるかも」から「やればできる」に意識の方も変えていくと。

 

すごい人がいて、「あの人すごいな~。自分には無理だ」と思う人と、「あの人すごいな~。でも自分の方がいずれはすごくなる」と思う人がいたとしたら、どっちが今後伸びるでしょう?

 

心理的な壁をなくすためにも、勘違いや思い込みで良いんです。「他の人にできるなら自分もできる(それ以上できる)と思い込む」ことや、今は全く実力がなくてもいつか必ず結果を残せると下手な頃から「根拠の無い自信」というのも勘違いしてでも信じこみ、いずれそうなるものだと思い込んで振る舞うことが必要なんじゃないかと思います。

 

 

たまに、ビックマウスなスポーツ選手いますよね。あれはファンサービスで言ってるのでもなく、かっこつけてるわけでも、強がりを言ってるんじゃないんだと思います。

 

 

こういう話しを聞いて「でも・・」「どうせ・・」って思う方がいるかもしれません(笑)

 

 

限界点は他人が決めるものでもなく、失敗体験から決めるものでもない。自分が自由に決めていい。なのに自分を低く見積もって自分で壁を作ってどうするの?他の人ができるなら自分もできる。どうせなら大きな志を持とうよ。僕の場合そんな感じです。

最後の部分が一番長くなっちゃってすみません。。。

 

 

最後の最後に、「お前が言うな」っていうツッコミは勘弁して下さい。それは十分わかってて自分に言い聞かせながら書いてますので(笑)成長のチャンスいただきました。カカさんありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

シスヤはシステムトレードソフト「イザナミ」を使ってシステムトレードを行っています。

利用証券会社はSMBC日興証券クリック証券です。

 

 

いつもランキングクリックありがとうございます。
もしよければ今日も下のランキングをポチっとよろしくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 株ブログへ

 

私のメイン証券会社はSMBC日興証券、シストレソフトはイザナミです
【いつでも誰でも信用取引手数料が無料】 SMBC日興証券
 SMBC日興証券 は信用取引手数料が完全無料。売買コストを下げることは損益の向上に直結します。
 こんな証券会社は他にそうそうありません! 詳細はこちら
【資金管理まで出来るイザナミを使ってシストレしてます】
 今の自分があるのは資金管理までできるイザナミのおかげです。無料で試せます。
株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン
アクセスランキング